【速報】箱根登山鉄道の最後の「吊り掛け式車両」が引退へ!



皆様こんばんは、「てつきち」です。このページもようやくペースが掴めたのか、定期的に書くことが出来る様になりました。

今日の話題は、神奈川県の箱根登山鉄道から。箱根湯本までは小田急の車両が走っていますが、箱根湯本から先は線路の幅も電圧も違うので、専用の登山電車になります。古くから活躍してきた登山電車も最近では世代交代が進んでおりますが、今年2019年(令和元年)夏ごろには、箱根登山鉄道最後の「吊り掛け式モーター」車である103=107号編成、通称「サンナナ編成」(右の方の編成)が引退になるそうです。

今年1月2日、母校の箱根駅伝応援の帰り、強羅駅でこの「サンナナ編成」に遭遇しましたこれは乗らねば!と電車1本遅らせて乗車することにしました。

その「サンナナ編成」が、強羅駅に入線してくる所を動画で撮影してみました。

乗車すると、パンタグラフの下である運転台後ろの席を早速キープ。この強羅駅から箱根湯本駅まで、吊り掛け式モーターの力強い音に癒されて帰ろうと思います!

時代を感じさせる運転台です。今のハイテクな電車とは違い、運転士さんの運転技術とテクニックが物をいう運転台です。

列車は2両固定編成となっています。ただ連結面の通路は非常時用のみとなっており、一般の乗客は行き来出来ないようになっています。

運転台右手にあるハンドブレーキです。これまた時代を感じさせてくれますね!

強羅駅を発車し、力強い吊り掛けモーターの音を響かせて「サンナナ編成」は箱根の山を下っていきます。

ハンドブレーキ越しに撮影してみました。次は大平台、スイッチバック駅です。反対側のホームでは、強羅行きの「ベルニナ」号が発車をまっていました。

強羅駅から箱根湯本駅までの間には、3回のスイッチバックが続きます。そして塔ノ沢駅では、「金太郎」の腹掛け塗装となっている108号車とすれ違いました。

箱根湯本駅に到着した、「サンナナ編成」です。この後も強羅へ向けて、慌ただしく走っていきました。

その「サンナナ編成」発車シーンを、動画で是非どうぞ!

この「サンナナ編成」の引退という事で、夏ぐらいには様々なイベントが開催されるそうです。詳しくは箱根登山鉄道ホームページをご参照ください。

からっ風に吹かれながら走る「日本最古の電車」デハ101!(群馬県前橋市・桐生市)


群馬県前橋市の中心部・中央前橋駅と、桐生市の西桐生駅の間25.4kmを結んで走る私鉄・上毛電気鉄道。そこには「生きた化石」とも言うべき、日本最古の電車が今でもイベント用で走っています。

その電車の名前は「デハ101」号車。「日本最古の電車」に相応しくチョコレート色に塗られており、その風格は抜群です。この電車が誕生したのが1928年(昭和3年)の上毛電気鉄道開業の時であるから、まもなく御年80歳を迎えることになります。

大胡電車庫にて撮影した、上毛電気鉄道デハ101号電車です。こちらは西桐生寄りの前面で正面3枚窓の非貫通式になっています。「貸切」のヘッドマークがカッコいいですね!

同じく大胡電車庫で撮影したデハ101号電車の中央前橋寄りの前面です。こちらは貫通扉があるのが特徴です。「群馬県近代化遺産 デハ101のヘッドマークが付いていました。

このシリーズの電車は合計6両が製造され、長年にわたって上毛電鉄の主役として活躍してきましたが、老朽化により仲間は引退したり、車体の更新改造を受けたりしてきました。

その中でデハ101と104は、当時走っていた貨物列車や工事用の列車を牽引する「電気機関車」としての役割をも果たし、平成の時代にまで現役として活躍してきたのです。

デハ104号車は1997年(平成9年)に長期休車の後に廃車となりましたが、幸運にも解体は免れて、現在では大胡電車庫の中に静態保存されています。塗装は、かつての上毛電気鉄道標準色の「カラシ色」に塗られています。年に数回の車庫イベントの時には、車内も公開されます。

デハ101号車は何回か塗装変更はありましたものの、登場時の姿そのままで活躍し、塗装も製造当時の「チョコレート色」一色に復元され、工事用列車の機関車や、イベント列車として活躍し、現在に至っています。またその歴史が認められ、現在では「群馬県近代化遺産」にも登録されているほど。

デハ101に乗ってきました!

そのデハ101号電車に、機会があって乗る事が出来ました。出発駅となる大胡駅に集合し、電車を待ちます。

上毛電気鉄道・大胡駅です。ここには駅の他、電車庫や変電所もあり、いわば「上毛電鉄の中枢駅」です。この駅舎は、電車庫や変電所などと共に「国の登録有形文化財」として登録されているほどです。これだけでいい被写体になりますね。

やがて「ウイ~ン」と吊り掛けモーター独特の重厚音を響かせて、デハ101号電車がやってきました。

現在の上毛電鉄の主戦力である700型電車(元・京王井の頭線3000系)と並んだデハ101号電車です。まるで「おじいちゃんと孫が語らっている」様な姿ですね。

ドアが開き、車内に案内されました。

「うわー、こりゃすごいや!」

「これぞ、レトロ電車!」

一緒に乗った人が、思わず声を上げた程でした。その車内はニス塗りで復元されており、つり革も木製という当時ならではのこだわりです。このレトロさ、今の鉄道車両では真似するのが難しい位の出来ですね。

また車内の吊り広告も、昭和時代に出されていたと思わせるものが再現されていました。

「神戸 川崎車輌会社 昭和参年」の文字が輝く製造銘板です。このデハ101号電車は、日本国内で「現役として動く鉄道車両」の中では日本最古の部類に入ります。

ドアが閉まり、いよいよ出発進行です!運転台の機器も今とは違ってアナログなため、電車の運行に当たっては、運転士の経験と勘がものをいう電車です。

速度が上がっていきますと、吊り掛けモーターの唸る音も最高潮になり、鉄道ファンにとっては最高の雰囲気になります。モーターの振動が床下から伝わってきて、足がしびれる程ですが、このモーターの唸りこそが、鉄道ファンの心を魅してやまないのです。

「この電車のモーター音、ガキの頃に乗った電車そのものだよ!」

乗り合わせた、50代ぐらいの男性の方がそうおっしゃっていました。確かに今、このような吊り掛けモーターの音は、路面電車でもなかなか聞くことが出来なくなっています。関東地方で吊り掛けモーターの電車が現役で走っているのは、ここ上毛電鉄以外では都電荒川線の7000形、江ノ電の1000形電車位になってしまいました。

桐生市側の終着駅・西桐生駅です。JR両毛線の桐生駅までは徒歩5分の道のりです。この伝統ある駅舎は、上毛電鉄開業当時からの駅舎で「関東の駅百選」にも指定されたほどです。駅前にはコンビニ(セブンイレブン)があるので、車内で飲むドリンクを買う時などには便利です。

沿線では、どこかでこの電車の運行情報を聞きつけたファンや、沿線の住人たちが、カメラやスマホを向けていました。そのファン達に手を振るかのように、デハ101号電車は吊り掛けモーターの強い唸りを響かせて、からっ風の吹く赤城平野を走っていました。

デハ101号電車を貸し切る事が出来ます!
このデハ101号電車は、工事用列車、イベント列車などの他、グループや個人で貸し切ることも出来ます。コースは、車庫のある大胡駅~中央前橋駅~西桐生駅~大胡駅というコース(大胡駅~西桐生駅~中央前橋駅~大胡駅というコースも可能)で、1乗車100,000円です。

ただ乗って、モーター音を鑑賞するのも良し、車内で生ビールを味わう「ビール電車」として走らせるのも良し、など、方法はさまざまです。

この電車を貸切で運行しますと、特製の記念乗車証がプレゼントされる他、国の「登録有形文化財」に登録されている大胡電車庫の見学も出来ます。

こちらが大胡電車庫です。700型電車と、デキ3021号電気機関車が並んでいます。この風景、鉄道模型のレイアウトとして再現したくなりますね!

[貸切列車連絡先]総務部 貸切担当 TEL:027-231-3597

また、事前の予約が必要であるが、大胡電車庫の見学のみも出来ます。

[車庫見学連絡先]上毛電気鉄道本社 TEL:027-231-3597

イベント列車の運行情報などは・・・・

上毛電鉄ホームページ