【駅弁】熱海の味覚のフルコース!東海道本線・熱海駅「熱海来福幕の内弁当」



皆様、おはようございます。「てつきち」です。このページも、せめて週に1回は書いていきたいと思います。前回のこのページでは、東海道本線・静岡駅の幕の内駅弁を取り上げて、かなりの反響がありました。今回は熱海駅でゲットした、熱海の味満載の幕の内弁当のお話を紹介したいと思います。

その名前は熱海来福幕の内弁当」で、小田原に本社のある東華軒さんが作っています。掛け紙には来宮神社や大湯間歇泉、熱海梅園、貫一お宮像など熱海の名所が描かれています。熱海への旅気分を、否が応でも高めてくれますね!

気になるその中身ですが、熱海の特産品や熱海ゆかりの品々で一杯でした。東華軒特製の鶏そぼろに始まり、金目鯛の照り焼き鳥の唐揚げ橙酢和えちくわの梅肉揚げ野菜の煮物百合根添え白玉団子麦こがし掛けなどなど。橙、百合根、麦こがしは毎年7月の「来宮神社のこがし祭り」にちなんだものです。

他にも熱海梅園に因んだちくわの梅肉揚げに、伊豆の近海で水揚げされる金目鯛の照り焼きが入り、熱海のいいとこどりの幕の内駅弁です。

発売箇所は、熱海駅の改札口を入ってすぐの駅弁売店か、駅ビル「ラスカ熱海」1階の駅弁売店で購入することが出来ます。

掛け紙も中身も熱海らしさで一杯のこのお弁当、皆様も熱海御来訪の折には是非いかがでしょうか?

【駅弁】東海道本線一美味くておススメ!静岡駅の「幕の内弁当」


皆様、こんばんは。「てつきち」です。2月も下旬になり、静岡県の伊豆半島では早咲きの河津桜のたよりが聞こえてくるようになりましたね。

今日の話題は、静岡駅の幕の内駅弁(830円)のお話です。静岡駅の駅弁では以前「鯛めし」の事を取り上げたことがありますが、その時に静岡駅の幕の内駅弁が美味しい、というお話をほんの少ししました。そして先日、静岡駅を通る機会があったので、その静岡駅の幕の内駅弁(830円)を食べてきました。

お弁当自体はオーソドックスな幕の内弁当で、「駅弁三種の神器」と言われている焼き魚、カマボコ、卵焼きのいずれも揃っています。他にもチキンカツや、静岡駅ならではの「わさび漬け」まで付いています。カマボコにわさび漬け、最高の組み合わせですね!

この駅弁の美味しいところ、それは「御飯が美味しい」ことです!御飯の粒がしっかりとしており、炊き立てのご飯を詰めました、という仕事が伝わってくるかのようでした。炊き立てのご飯を使った駅弁と言えば、「鯛めし」の事を取り上げた時にも書きましたが、かつて東京から大垣に向かっていた夜行普通電車375M、通称「大垣夜行」の事を思い出します。

夜行運転のため、確か沼津駅から豊橋駅までは主要駅にのみ停車する快速運転でしたが、貨物列車退避と時間調整のため下りの375Mはかなり長時間、静岡駅で停車していました。

するとそこへ、「べんとー、べんとー」と駅弁の立ち売りさんが。東京駅や品川駅で5時間近く並んでやっと座った「大垣夜行」。そろそろ小腹が空く頃です。そこへ駅弁を売りに来たものですから、皆デッキに出たり、窓を開けたりしてお弁当を買いました。

この駅弁は普通の「幕の内駅弁」でしたが、列車の時間に合わせてご飯を詰めてくれていたので、御飯がホカホカと温かったことに感激したことを今も覚えています。定期の375Mと、「青春18きっぷ」シーズンに運転された臨時9375Mの時には、この静岡駅のお弁当を夜食に食べるのが楽しみでもありました。

後に「大垣夜行」は全車座席指定の快速「ムーンライトながら」号になり、165系から窓の開かない373系となりました。そして快速「ムーンライトながら」号も「青春18きっぷ」シーズンのみの臨時運行になったため、この静岡駅の深夜の駅弁立ち売りも昔語りとなってしまいました。

東京駅から東海道本線を普通電車で旅すると、途中の駅で様々な駅弁に出会えますが、今までは「地の味を活かした特殊駅弁」にばかり目が行っていました。一回、普通電車の乗り継ぎで東京から名古屋まで行き、幕の内駅弁を食べ歩く旅なんていうものもしてみたいものです。東京駅の幕の内の次は、横浜駅の「シウマイ御弁当」、それから大船駅、小田原駅、熱海駅、と食べ歩き。「青春18きっぷ」シーズンにでも実行してみようかな!

【駅弁】千葉駅の二大人気駅弁が期間限定でコラボ!


皆様、こんばんは。「てつきち」です。このページも更新がサボりがちですみません。本館ブログの方は毎日更新しており、昨年には300万アクセスを達成する事が出来ました。このページもそれに負けずに書いていきたいと思います。

今日の話題は千葉駅の駅弁から。卵と鶏肉のそぼろが綺麗な「菜の花弁当」や、安さの割にカツがでかい「黄色いカツ弁当」などの人気駅弁が勢ぞろいの千葉駅・万葉軒さんの駅弁。

まずは「黄色いカツ弁」という名前でお馴染みの万葉軒「トンかつ弁当」から。薄切りの大きなロースかつがウスターソースに和えられ、御飯の上に乗っかっています!そのお値段、何と500円という安さ!部活帰りの高校生たちがお小遣いで買えるように、容器を簡素化することでこの値段をキープしているところに脱帽ものです!

こちらが「菜の花弁当」です。千葉県の花・菜の花。その菜の花畑をお弁当で再現したもので、黄色い菜の花は卵そぼろ、土の部分は鶏そぼろ、そしてアサリの串焼きで飛んできた蝶々をイメージしています。こちらの「菜の花弁当」ですが、皇室ご一家が千葉県を訪れられた際にご賞味されたというお話も残っています。

 

その千葉駅の「二大人気駅弁」である「トンかつ弁当」「菜の花弁当」がコラボして、2月28日までの限定販売でトンかつ菜の花弁当として販売されています。

左側には「菜の花弁当」が、右側には「トンかつ弁当」が入っている、という欲張りなお弁当です!どっちも食べたくて迷うなぁ~、という人にはおススメですね!

こちらのお弁当は今年2月28日まで、千葉駅のみでの限定販売です。

【懐かしの1枚】2001年(平成13年)の札幌駅から


皆様、こんばんは。「てつきち」です。5月もあと1日で終わりですね。

今日は懐かしの画像から1枚。2001年(平成13年)の札幌駅にて撮影した、駅弁の立ち売りの光景です。今は売店やキオスク、車内販売での発売がメインになったため、この様なワゴンもなかなか見られなくなりました。

それでも旅情を感じるにはやはり、この様な立ち売りさんから買うのが一番強く感じますよね。

札幌駅にも個性的な駅弁が数多くありますが、イチオシは何といっても「石狩鮭めし」です。醤油味の茶飯の上に、鮭のフレークとイクラをこれでもか!という程どっさりと散らしたお弁当で、1923年(大正12年)から発売を開始したロングセラー駅弁です。札幌御来訪の折には、是非ご賞味あれ。

【名物駅弁】根室本線・池田駅「ステーキ弁当」(1,080円)


札幌駅から、特急「スーパーおおぞら」号で約3時間。池田駅に到着します。
この池田駅には、完全予約制の「幻の駅弁」があります。

そのお弁当は「ステーキ弁当」1,080円なり!メインの池田牛のステーキは150gで、ミディアムレアに焼かれています。素材の牛肉にもこだわって、十勝牛の中でも地元池田産の牛にこだわっているそうです。下ごしらえが丁寧な事もあって、お肉がとても柔らかいのが特徴。自家製のドミグラスソースも付いていますが、まずは塩コショウされているお肉をそのまま食べて、お肉本来の味を感じたいものです。

付け合わせは、生野菜のサラダとスパゲティナポリタン、デザートのフルーツです。サラダ用にマヨネーズの小袋が付いているのも気が利いていていいですね!お肉を食べたあとに、フレッシュなサラダで口直し。ナポリタンも肉料理に実に合うのですよね。白ご飯も、お米にこだわっているせいか、艶とうま味が全然違う感じがしました!

こちらが「ステーキ弁当」の外箱です。北海道の札幌近郊で活躍していたED75形電気機関車が描かれており、鉄道ファンには嬉しい絵です。

駅前の「レストランよねくら」さんです。普段はここでお弁当を受け取ります。

お店の看板です。店内のレストランでは、十勝牛のステーキランチを楽しむことも出来ます。

展示されているかつてのお弁当レッテルです。1905年(明治38年)から営業を開始し、当時は池田駅ホームで立ち売りも行っていたそうです。

この「ステーキ弁当」「焼き立てのステーキ」にこだわっているので、完全予約制。受け取りは、池田駅前のレストランよねくらか、特急「スーパーおおぞら」号乗車の場合は3号車デッキとなります。尚、毎週木曜日は休みとなります。

十勝ご来訪の折には、是非いかがでしょうか?