【今が見頃!】あじさいと伊東線を絡めて撮影出来るポイント(静岡県熱海市)



皆様、こんばんは。「てつきち」です。毎週月曜日は、「てつきち」の日。今週も楽しい乗り物の話題をお届けして参りましょう。

というわけで今回やって参りましたのは、静岡県熱海市。熱海と伊東を結ぶ伊東線ですが、その沿線に紫陽花と電車を絡めて撮影出来るスポットがあると聞いて、前から行ってみたいと思っていました!

その場所とは、電車の駅で言えば伊豆多賀駅と網代駅の間。国道135号線沿いで、小山臨海公園のある辺りです。JR網代駅からでも徒歩15分位で行けますが、熱海駅からでしたら東海バスの「網代旭町」行きもしくは「弘法滝」行きで、「小山」もしくは「多賀車庫」下車が便利です。

ここではJR伊東線が国道135号線に沿って走り、線路の生け垣区間約400mに法面補強も兼ねて、紫陽花約800株が植えられています。地元の「小山あじさいを愛する会」の会員約30人が手入れを続けてくれて、毎年6月中旬頃に見頃を迎えます。

国道を跨ぐようにして位置する歩道橋の上から撮るのが一番のポイントで、三脚の使用もできますが、周りの方への配慮をお忘れなく。

まずは伊東駅始発の東京行き特急「踊り子」号です。185系の緑色のストライプは、1981年(昭和56年)に登場した時は度肝を抜かれるような斬新なデザインでした。当時は普通電車としての運用も多くあったので、普通車の座席は転換式クロスシート。一時は「ぼったくり特急」とまで揶揄されましたが、現在は特急運用がメインで普通電車としての運用は無くなったので、普通車の座席もリクライニングシートになりました。

ただ、この185系も老朽化が進み、後任に「あずさ」号、「かいじ」号で使用していたE257系を改造して投入する事が決まったため、この姿を撮影出来るのもあと少しとなりました。

今度は伊豆急下田へと向かう下り特急「スーパービュー踊り子」号です。色とりどりの紫陽花に迎えられ、251系もどことなく嬉しそうですね。全車座席指定のこの「スーパービュー踊り子」号は、下田方先頭の2両がグリーン車で、展望が楽しめることや、ゆったりくつろげるグリーン席専用のラウンジ、グループ用の個室があります。また東京方先頭の10号車の1階には、家族連れでの利用を意識した「子ども室」もあります。

この251系特急「スーパービュー踊り子」号も、全車グリーン車指定席となる新型車両の登場が先日プレス発表され、それと入れ替わる形で引退のようです。その前に、東京から伊豆急下田までフル区間にてこの251系特急「スーパービュー踊り子」号の旅を楽しんでみたいものです。

熱海方向へと向かう、伊豆急2100系リゾート21「黒船電車」です!リゾート21も、赤い「金目鯛電車」「黒船電車」だけになりました。「アルファリゾート21」は、今や「The Royal Express」として改造され、価格的にもおいそれと乗れる列車ではなくなってしまいましたが、この度JR北海道に貸し出され、北の大地をツアー列車として走るそうです。

鉄道写真は一期一会、その時その時を大切にして撮影したいものです。

次回もどうぞお楽しみに。

現代版の黒船!伊豆急行「リゾート21黒船電車」で行くご来光の旅!(静岡県伊東市・東伊豆町・河津町・下田市)


伊東から伊豆急下田まで、東伊豆の風光明媚な海岸線を走る伊豆急行線。その伊豆急行線には、伊豆の風景を一望できる展望電車「リゾート21」が3編成走っています。中でもその内の第4編成は、全身を黒ボディで覆った「黒船電車」という愛称で親しまれています。

伊東駅で撮影した、「リゾート21」第4編成の「黒船電車」です。あまりの珍しさに、子どもを連れたママさんが、スマホを向けているのが見えますね!

これは伊豆の下田が江戸時代末期に、開国の港として開港されたことで、幕末の資料や、ペリー提督に関する資料、下田港に関する解説が各車の車内に展示してあります。ちょっとした社会科のお勉強になりますね。

熱海駅で撮影した「黒船電車」です。ドアのガラスも、黒船にちなんで丸い模様になっているのが特徴です。見ているだけで楽しくなってしまいますね。

それでは、各車輌を見て行くことにしましょう。

◆展望車(1号車と7号車[「ロイヤルBOX」連結時は8号車])

運転席後ろは定員24名の展望席で、全部の席から前の展望を楽しめるように座席が階段状になっているのが特徴です。安全上、立席での乗車は出来ませんのでご注意ください。

◆普通車

まずは2号車の車内です。山側の座席は、1人掛けの固定式クロスシートがボックス席状に並び、海側の座席はベンチ状にした座席が海方向に斜めに向かって並べられています。また海側の車端部は、グループ客を意識した4人掛けのボックス席となっています。

こちらは3号車の座席です。真ん中の部分がソファー席になっており、ちょっとゴージャスな雰囲気になりますね!

◆特別車両「ロイヤルBOX」(5号車に連結)

JR線内では「グリーン車」に相当する特別車両です。車内は1人掛けと2人掛けの回転式リクライニングシートが10列並び、定員30名の「伊豆急行のファーストクラス」となっています。

1人用のリクライニングシートで、海側に設置されています。角度を海方向に向ける事が出来、パノラマを思う存分楽しむ事が出来ます。

2人用のリクライニングシートです。こちらは山側に設置されており、90度ごとに固定する事が出来ます。そのため、海方向に固定させて「展望車」として使用させることも可能です。

車内はこんな感じです。下田側のデッキにはサービスカウンターがありました。また伊東側にはトイレと喫煙室(現在は全車禁煙のため灰皿は撤去)があります。

また、伊豆急行線内はトンネルが多いこともありまして、トンネルに入ると天井が星空の世界に変身するという、乗って楽しい車両でもあります。これなら、長いトンネルも退屈しませんよね!

現在は東京駅~伊豆急下田駅間の臨時特急「リゾート踊り子」運用時にのみ連結の「ロイヤルBOX」ですが、本年(2017年)1月31日までは特別に普通列車に連結して、特別料金不要でデラックスな旅を楽しむ事が出来ます。今回はそれを狙って乗り、少し贅沢な伊豆の鉄旅を楽しんで参りました。

この「リゾート21黒船電車」は、変わったところでは毎年1月1日に、品川発伊豆急下田ゆき臨時快速「伊豆初日の出」(全車座席指定)として使用されています。

【臨時快速「伊豆初日の出」号リポート】

未明の品川駅に、黒光りした「リゾート21黒船電車」が停車していました。これが、品川発伊豆急下田ゆき臨時快速「伊豆初日の出」号です。その指定券は、グリーン車(ロイヤルBOX)を含めて、1ヶ月前の発売と同時に全て完売。人気の高さを感じます。

指定された席につくと、程なく品川駅を発車しました。伊豆まではだいぶ間があるので、眠ることにしますが、初日の出が無事に見られるかなと興奮して、なかなか寝付けませんでした。藤沢駅では、小田急ロマンスカー50000形「VSE」車による初詣特急「ニューイヤーエクスプレス」号が停車しているのが見えました。

藤沢を出ると、あとは伊東線の網代までノンストップで走ります。ここでウトウトして眠りにつき、目が覚めた時は伊東駅に停車している時でした。車窓からも、段々と東の空が赤くなっていくのが分かりました。

午前6時40分過ぎ、列車は片瀬白田駅に到着しました。ホームの長さがあり、東伊豆の海を一望できるこの駅で、「伊豆初日の出」号は約50分間停車します。言わば、この駅でご来光を拝む事が出来るのです!

ご来光の見える海岸線に行くために改札を出ますと、伊豆急行の方から、

「熱いおしるこをお配りしております!どうぞお受け取りください!」

という嬉しい一言が!さっそくいただくことにする。冷えた体に、アツアツのおしるこがしみわたって、とても美味しかったです。

駅から3分ほど歩いた防波堤へいき、そこでご来光を拝むことにしました。

午前6時52分ごろ、雲のかかっていた空が一気にオレンジ色になりました。すると同時に、その年初めての太陽がゆっくりと昇ってきます。新しい年のご来光!その素晴らしさに思わず、辺りから歓声が次々と上がります。

「きれいだね!」

「今年は天気よくて良かったよ。」

「来て良かった!」

ホームの方を見て見ると、ホームでご来光を拝む人もいました。列車からご来光を拝めることの出来る贅沢さ。これも、東伊豆を走る伊豆急行線ならでしょう。

防波堤への道から撮影した「伊豆初日の出」号です。片瀬白田駅出発の時間が近いこともあって、皆ゾロゾロと列車へと戻ります。

片瀬白田駅を出発すると、伊豆稲取、河津と停車して、列車は終着駅の伊豆急下田駅へ到着です。

ここでも伊豆急行のスタッフから、

『伊豆初日の出』号ご乗車のお客様、お疲れ様でございました!伊豆のみかんをお配りいたしておりますので、どうぞお受け取り下さい。」

とみかんのサービスです。同時に、駅前にある下田ロープウェイの割引券まで配られました。

伊豆急行さん、太っ腹のサービス満点です!