【駅ナカ飲料!】JR東日本「Acure」が今、面白い!

皆様こんばんは、「てつきち」です。毎週月曜日と木曜日は「てつきちの日」。今日も交通や乗り物にまつわる話題をお届けしたいと思います。

今日の話題は、JR東日本の各駅にある自販機「Acure」から。最近その自動販売機で売っている「天然水ゼリー」が注目を集めています。

その味は爽やかなラムネ味で、振るごとにフルフル感のあるゼリー飲料になります。最近ではマクドナルドでも、森永ラムネとタイアップした「森永ラムネシェイク」が出ているだけに、ラムネ味が今では人気ですよね!

もう一つはJR東日本とお茶の伊藤園がタイアップして販売している緑茶飲料「朝の茶事」に今、275ml用のペットボトルカバーが付いています。

種類は全部で4種類。どれが出てくるかは、買ってみてのお楽しみです。

この様なおまけ付きですと、ついつい買いたくなりますよね!

「てつきち」ですが、Twitterも始めました。アカウントは「@Tabitotetsukiti」です。良かったら、フォローよろしくお願いいたします。

【駅弁紀行】新宿駅が135周年!記念駅弁が、超面白い!

皆様こんばんは。「てつきち」です。コロナ騒ぎでバタバタしていて、水曜日の執筆となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

今日の話題は新宿駅からお届けします。新宿駅は今年で開業百三十五周年を迎えました。それを記念した駅弁が現在、新宿駅にて売られています。

その名前も「百三十五周年新宿弁当」。掛け紙には新宿駅ゆかりの列車の絵が描かれており、見た目にも楽しいです。ちなみに製造元は、小淵沢駅の丸政弁当店です。

掛け紙の裏面には、新宿駅の駅員さんからのメッセージが。これは記念になりますね。果たして、どんなお弁当なのでしょうか?

お品書きとお弁当を並べてみました。見た目にも楽しめますね!

お弁当🍱をアップにしてみました。ご飯の上には安養寺みそを使った鮭の味噌焼きが乗っており、これでご飯がいけます!

左側の煮物は、江戸時代に作られていました「内藤とうがらし」を使用した椎茸の煮物で、ピリ辛で美味でした。

他にも甲州名物のソースかつや、八ヶ岳高原玉子焼き、信州野沢菜炒め、甲州煮(里芋、人参、蓮根)などなど、沿線の味を活かした豊富なおかずでした。

デザートは、はちみつで仕上げた記念饅頭。最後まで満足させてくれました。

さて、新宿駅の駅弁を語るとなりますと、もう一つ欠かせない駅弁があります!それは「復刻田中屋のとりめし」です!

現在ではJR東日本フーズの売店が入っている新宿駅の駅弁売り場ですが、かつては「田中屋」という駅弁屋さんが入っていました。

後に「田中屋」さんは廃業しましたが、最近になって当時の人気駅弁だった「とりめし」が、田中屋さんの監修で発売を再開するようになりました。

卵とひき肉のそぼろが彩りよく乗っかったご飯と、付け合わせのカラシ菜、みかんのシロップ煮とシンプルな味で、よく特急「あずさ」や急行「アルプス」の車内で食べたなあ、という懐かしさを感じます。

新宿駅では、南口コンコースの駅弁売店で販売されています。期間限定の様ですので、皆様も是非いかがでしょうか?

【鉄なニュース】中央線と総武緩行線が運転系統を分断

皆様こんばんは、「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?今日は、3月14日のダイヤ改正に関する話題から。

現在、中央線(東京〜高尾間)では、早朝と深夜は各駅停車、それ以外では快速運転が行われています。

今回のダイヤ改正で、中央線系統の各駅停車の運転がなくなり、中央線は東京〜高尾間の快速運転、総武線は三鷹〜千葉間の各駅停車に終日なることになりました。

同時に、深夜走っていた総武線車両による武蔵小金井行きなどの運用もなくなります。

この「各駅停車 東京行」の表示も、間もなく見納め。

英文の表示です。中央線快速では、一部の電車にグリーン車とトイレも近く新設されますから、便利になりますね。そのうち、特別快速の甲府行きなんて登場かもしれませんね!(そうなりますと、世の18きっぱーとしては久しぶりの朗報になりますよね!)

【乗車レポート】特急「スーパービュー踊り子」のグリーン車にお名残乗車!

皆様、こんばんは。「てつきち」です。いかがお過ごしでしょうか?毎週月曜日は「てつきちの日」。これからはサボらない様に、更新していきたいと思います。

さて先日、この3月13日限りで引退する伊豆特急「スーパービュー踊り子」のグリーン車に、河津駅から伊東駅まで乗って来ました!

チケットをビューレディに見せて車内へ。ゆったりとしたグリーン席は、足下の間隔も広く、悠々と座れます。最近では格安高速バスやLCC(格安航空会社)などの安い座席にしか座っていなかったので、足下の間隔の広さに思わず感激でした!

座席につきますとビューレディが、ウエルカムドリンクのオーダーを取りにきますので、ホットコーヒー☕️をオーダー。

やがて運ばれてきた、ウエルカムコーヒーです。この様に座席でウエルカムドリンクが楽しめる列車は、今では「ななつ星in九州」などのクルージングトレインや、新幹線のグランクラス位になり、一般の特急列車ではこの「スーパービュー踊り子」が唯一と言えます。

こちらは2人がけの座席💺です。リクライニングも深く倒れるようになっています。

それでは車内の他の設備も見ていきましょう。まずは2号車1階の個室から。

こちらがその個室内部で、グリーン料金プラス個室料金がかかります。グループ旅行なんかにはいいスペースですね。後継車である「サフィール踊り子」にもグリーン個室が出来ますので、今から楽しみです!

個室部分の座席です。一度、ここで宴会やりながら伊豆へと旅したかったなあ!

1号車1階部分の、グリーン車乗客専用のサロンです。この時は「お名残乗車」の方も多く、皆譲り合いながら写真を撮っていました。

車内販売のメニューです。以前に比べると寂しくなりましたね。かつてはこのサロンで、カレーライス🍛も出されていた時期がありました。

サロンの片隅にある、厨房設備です。電子レンジなどもあり、ちょっとした軽食も出せるようになっていました。

車内販売品の数々です。これも時代の流れでしょうか?

ちなみに今回は撮影できなかったのですが、東京寄り先頭車である10号車は二階建になっており、1階部分はフリースペースの子ども室になっています。

少しデラックスな気分を味わっているうちに伊東駅到着です。後継車としてデビューする「サフィール踊り子」にも期待ですね!

熱海駅を発車する特急「スーパービュー踊り子」の出発シーンを、動画で撮影してみましたのでお楽しみください。良かったら「チャンネル登録」もどうぞよろしくお願いいたします!

【駅弁紀行】総武本線・千葉駅「万葉軒ペリエ千葉駅ナカ店開業1周年記念弁当」

皆様、こんばんは。「てつきち」です。火曜日になってしまいましたが、今日は千葉駅から駅弁の話題です。

千葉駅の構内にある、万葉軒の売店「ペリエ千葉駅ナカ店」が開業1周年を迎えたということで、記念弁当が限定販売されていました。

その中身です。五目ご飯とあさりを乗せた白ご飯、ヒレカツ、蓮根のキンピラ、シューマイ、焼き鮭、あさりの串焼き、野菜の煮物、煮豆、卵焼きとおかずも盛り沢山でした!

見た目だけではなく、味も良かったです。ちなみにお値段は1,000円なり。掛け紙欲しさに買いましたが、内容も満足できる内容でした。