【思い出の1枚】山陽新幹線「ウエストひかり」のビュッフェ


皆様、お久しぶりです。今日は懐かしい画像から1枚。

かつて山陽新幹線の新大阪~博多間で走っていた新幹線「ウエストひかり」。6両という短い編成ながら、座席は2列―2列になり、ゆったりとした座席に取り換えられました。これは、航空路や夜行高速バス「ムーンライト」号に対抗して、乗り心地のいい列車で勝負、というJR西日本ならではの思いでした。

6両編成、という短い編成ながら中間車にはビュッフェも設けられました。従来カウンターで立ち食い型のビュッフェを大改造して、ファミレスのような座席配置にしました。ビュッフェ営業休止時には、旅のサロン的な役割をしていました。

扉側の画像を撮ってみました。デジタル式の速度計や、テレホンカード式の車内公衆電話、テレホンカードの自動販売機などに時代を感じます。この画像は1998年(平成10年)に撮影したもので、既にビュッフェの営業は行われていませんでした。

当時、東海道・山陽新幹線の食堂車や車内販売を担当していた会社には、日本食堂(後にジェイダイナー東海、と改名)、帝国ホテル、都ホテル、B.T(ビュッフェとうきょう)がありましたが、この「ウエストひかり」では、大阪の大手給食会社・丸玉食品(現在のマルタマフーズ)「M-Rest」として、1往復のみ担当しました。

「M-Rest」が担当していた時のビュッフェメニューです。新大阪駅を早朝に出発する列車だったので、モーニングセットがメニューにありますね。利用した方の話によれば、カレーライスが特に美味だったとか。

この「ウエストひかり」は好評で、後には12両編成にまで増強され、車内で映画が楽しめる「シネマカー」まで連結されたこともありました。しかし車両の老朽化や、「のぞみ」号の増発に伴って「ウエストひかり」は廃止。今となっては思い出の列車となりました。